読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

knife ec2でインスタンスの初期設定(RVM+Ruby1.9.2編)

Chef

前回はnodeのchef-clientを動かすためにrbelリポジトリRubyを使っていた。特にこだわりがなかったり、動かすシステムでRubyを使うわけじゃなければ、RPMだと楽でいいですよね。
ただ、セットアップするnodeでRubyを使いたい、RVMで複数バージョンのRubyを使いたいなんてことがある場合もあると思う。
であれば、bootstrapでインストールするRubyもRVMでインストールしちゃえばいいじゃない。

という訳で、基本的には前回と同じで、bootstrapの中身を変えればOK。セットアップ対象はCentOS6で、Ruby1.9.2をインストールしてデフォルトRubyにします。

$CHEF_REPO/.chef/bootstrap/centos6-rvm.erb を以下のように作成。

bash -c '
<%= "export http_proxy=\"#{knife_config[:bootstrap_proxy]}\"" if knife_config[:bootstrap_proxy] -%>

yum install -y gcc bison autoconf patch git curl readline-devel libxml2-devel libxslt-devel wget man

if [ ! -f /usr/local/rvm/bin/rvm ]; then
  bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer )
  source /etc/profile.d/rvm.sh
  rvm install 1.9.2
  rvm use 1.9.2 --default
fi

gem install ohai --no-ri --no-rdoc
gem install chef --no-ri --no-rdoc
ln -nfs $(which chef-client) /usr/bin/chef-client

mkdir -p /etc/chef

(
cat <<'EOP'
<%= validation_key %>
EOP
) > /tmp/validation.pem
awk NF /tmp/validation.pem > /etc/chef/validation.pem
rm /tmp/validation.pem

(
cat <<'EOP'
<%= config_content %>
EOP
) > /etc/chef/client.rb

(
cat <<'EOP'
<%= { "run_list" => @run_list }.to_json %>
EOP
) > /etc/chef/first-boot.json

<%= start_chef %>'

上記bootstrapテンプレートが出来上がったら、前回使用したknife ec2コマンドの -d オプションでの指定を今回作ったものに変えてあげる。

$ knife ec2 server create -G security_roup -I ami-12345678 -f t1.micro -S key-pair-name -i ~/.ssh/private-key.pem -x ec2-login-user -d centos6-rvm -r 'rolw[rails_server]' --region ap-northeast-1 -Z ap-northeast-1a


しばらく待てば、はい完成。(microだとちょっと時間がかかります。)