読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWSウルトラクイズで優勝しちゃいました

土曜日に思い切り寝まくって、現実に戻ってきました。駄文ではありますが、記録には残しておこうと思い、1年半ぶりくらいのブログを書いております。

7月17日、18日の2日間で開催されたAWS Summit 2014。
なかなかセッションの内容が埋まらないなあと思ったまま申し込みを忘れていたため、7月の頭まで登録をしていなかったのは内緒です。

申し込みが遅かったので、一番聴きたかったTech Deep Dive by Amazonのセッションはひとつも取れておらず、事例系のセッションをひたすら聴講しておりました。各セッションでは、AWSは自分たちの売上が上がることよりも、ユーザのサービスやシステムが低コストで効率よく構築・運用できるかという視点でアドバイスやサポートをしてくれているということが語られていたと思います。自分が携わっているサービスで利用しているので、その点は結構感じます。
あと、ユーザの声が大きくなるほどその要望が実現されやすくなるということで、Amazonさん自身も積極的に聞くようにしていますし、発表者の皆さんも積極的に要望をあげているというのも面白いしなと思います。

Intelさんの発表の中では、最後にちらっとなんで現行インスタンスのほうが旧世代インスタンスよりも安いのかについて触れられていたのかも良かったです。現行世代のインスタンスはIvyBridgeのCPUを使っていて、旧世代のSandyBridgeよりも1ソケットあたりのコア数が多くなっています。そのため、少ないハードでより多くの仮想マシンを提供できるので、インスタンスの単価を下げることができるそうです。より多くのユーザが利用してハードウェアの購入単価が下がるということもあるのでしょうが、こういった部分も値下げに寄与しているんですね。


Summitのそれぞれのセッションも楽しみにしていましたが、一番楽しみにしていたナイトセッション、毎年恒例のJAWS-UG勉強会 in AWS Summit!事前にビア(だけじゃないよ)とおつまみが振る舞われて開始されました。人大杉で知り合いも来ているはずなのに、相変わらずのぼっちでスタート。。。いや、いいんです、勉強会のコンテンツさえ聞ければ。。。と思ったら、ぼっちの特等席である壁際を陣取ったために、後ろ過ぎて全く内容が聞こえてこませんでした。。。WernerとJAWS-UGメンバのパネルディスカッション聴きたかった。。。
※あとで知り合いの方が話に来てくれて、最後までぼっちだったわけではありません

そして、お待ちかねのAWSウルトラクイズ。前々回は全くダメで、前回は仕事で参加できなかったので、今年は壇上に上がるくらいにはなりたいなと意気込んで参加しました。危うさもありつつ、なんとか正解を重ねて壇上へ上がることができた時点で、ほぼほぼ満足してしまっていました。 見回してもても、壇上にいる人たちは猛者ばっかりですし、敗者復活によってCertificateを3つ持ってるマサカリ集団が上がってくるし、一旦全滅するし、全然わからない問題ばかり出るしで、運と勘に頼るしかなかったです。

そして運命の時が訪れました。

問題
Amazon WorkSpacesのユーザボリューム(Dドライブ)のスナップショット頻度は?
[グー]6時間
[チョキ]12時間
[パー]24時間

(WorkSpacesは発表された時の説明を少し聞いたくらいで、使ったこともないからマニュアルとかサービス説明よんでねーよー!!!まったくわかんねーーー!!!)

(6時間じゃちょっと早い気がするし、24時間だとちょっと自動でやるにしては長すぎるんじゃないか。間をとって12時間だな。)

デーデン♪(みんな一斉に回答の手を挙げる)

(あーーー、チョキ出してるの一人しかいない。。マサカリerが違うの出してるんだから終わったわ。。。)

「正解は12時間!」

(え、マジ?えっ?えっ?えっ?)
この時点で頭が真っ白になってました。というわけで、このへんの記憶が曖昧だったりしますw


2位と3位も決まり、表彰式でAmazon CTOのWernerから目録(?)を頂いて、もう笑うしかない状態。仕事中には出ることのない満面の笑みで写真撮影に応じていたかと思います。完全な浮かれポンチ(古)ですね。いや、でも本当に嬉しかったことは確かです!


壇上から降りて、「締めの言葉オナシャス!」と言われ、真っ白第二弾。。。
全く言葉が浮かぶはずもなく、ただただキョドって終わってしまいました。本当に申し訳ありません。。。いいおっさんなんですし、もっと度胸つけるようにします。

当日は全く何も言えなかったので、この場を借りて伝えたいと思います。
まさか自分が優勝できるなんて夢にも思っておらず、嬉しいと同時にもっと頑張らないといけないなと気を引き締めています。Twitterなどで皆様から温かい言葉をかけていただきまして、本当に感謝しております。re:inventではちゃんと吸収してこられるように、まずは英語を聞き取れるようにしたいと思います。そして、ベガスぼっちにならないように社交性も高められればと思っております。関係者の皆様、おめでとうと言ってくださった皆様、本当にありがとうございます!

と言った感じで、AWS Summitは無事終了。複数の部隊に分かれて2次会(?)へ向かいました。私は脱藩先の仕事やプライベートでもお世話になっているサーバーワークス組に混じって、天狗で飲んでました。翌日は二日酔いでした。。。

長々と駄文を失礼しました。

(実はブログを書くよりも他にやることあるだろうというツッコミを受けそうでビクビクしています。そちらもちゃんとやりますので、お手柔らかに。。w)